中綴じ印刷をするメリット|カタログを作るならコレ

女性

安全なデータ複製のために

映像機器

業者選びの注意点

家の棚の奥に、古いビデオテープが眠っていませんか。昔録画した映像がそこに入っているけど、ビデオデッキがないから見ることができない人も多いのではないでしょうか。保存しておくにしてもビデオテープはかさばりますので、大きな空間を必要とします。置き場所に困ったし、もう処分しようかと考えている人に、ビデオダビングをおすすめします。業者に依頼してビデオテープをDVDにダビングしてもらうと、今挙げた問題を全て解決することができるでしょう。依頼するとき、どの業者にするか選ぶ必要がありますが、慎重に選んでください。粗悪な業者に依頼すると、ビデオダビングした結果映像が壊れてしまったり、復元できなくなってしまう可能性があるからです。大切なデータを失ってしまうのは誰も望んでいません。妙に破格の料金で大量にビデオダビングができると謳っている業者は、作業が雑であることが良くあります。好条件を鵜呑みにすべきではないのです。とはいっても、今では1本のビデオテープをDVDにダビングするだけなら、400円程度でできる業者が多くあります。DVDでは画質の粗さが目立ちますので、もう数百円加算することにより、より丁寧にダビングしてくれるサービスを利用するのも良いでしょう。更に数百円加算すれば、依頼してからより短時間でビデオダビングを完了する業者もいます。それでも1000円以内でできるところが多いです。注意が必要なのが、2時間以上の映像は追加料金が必要とする業者もいることです。料金体系をよく理解したうえで依頼しましょう。