中綴じ印刷をするメリット|カタログを作るならコレ

カラーチャート

訴求力の高い冊子を作る

女の人

コストにも留意

ソフトカバーの冊子を作る方法には、中綴じ印刷や無線綴じ印刷などがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。中綴じは印刷した紙を全部重ねてから、真ん中で二つ折りにして、針金で綴じる製本方法です。あまりページ数が多い冊子には向いていませんが、見開きのページを作れる点が長所です。中綴じ印刷は会社案内や商品のカタログ、イベントのプログラムやパンフレットなど、さまざまな用途に適しています。簡単な冊子を作るだけなら、個人用のプリンターやコピー機を使って中綴じ印刷をすることも可能です。ただし見開きのページが左右でずれたり、綴じたときに両端が欠けたりしないよう、あらかじめ慎重に調節しておく必要があります。また一般に部数が多くなるほど、単価は割高になることに注意してください。専門の印刷業者に依頼すれば、高品質で本格的な中綴じ印刷の冊子を作ることができます。何と言っても見栄えが良く、社内外への訴求力を高められるのがメリットです。表紙をポリプロピレンで加工し、さらに高級感を演出するという方法もあります。中綴じ印刷は部数が少なければオンデマンド印刷機で、1部単位から注文することができます。50〜100部以上であれば、オフセット印刷機を用いてコストを大幅に下げられます。特殊な用紙の種類やサイズ、カラー印刷などに関しては、業者によって対応方法や料金が異なるため、ネットなどで見積を比較してから発注することが大切です。

一点からでも

ノベルティ

印刷技術が発達したことにより、オリジナルグッズの作成できる幅が広がっています。また現在では、一点から注文することも可能です。在庫を抱える心配がなく、初期費用も少なくて済むため人気を集めています。

安全なデータ複製のために

映像機器

ビデオダビングを依頼する業者を選ぶ時の注意点は、安全にデータを破損させることなくダビングする保証のあることがまずひとつ。それから映像が長時間の場合追加料金を要求する業者がいることです。安くて400円程度ですが、追加料金でより短時間で完了するサービスもあります。

販促グッズを安く作るには

グッズ

オリジナルノベルティの業者探しには、比較サイトを利用しましょう。これなら価格やサービスで業者同士を比べられるので、適切な業者が見つけやすくなります。あとはロット数や納期も重要なので、比較サイトで抜かりなくチェックしておきましょう。